20160628

「焼きのり」を仕入れたくて、仕入れたくて仕方がないのだけれど

「焼のり」の仕入れ単位はあまりにも大きくて、

湿気との闘いが続く香港で、街市の中という今の環境では

「日本の焼きのり」の仕入れを諦めざるを得ないかもしれない。

今のところ、香港の皆さんからのリクエストのトップ5に入る

「日本の焼きのり」ですが、はぁ~、何とも残念。

溜息しかでない。

 

 

 

仕入れることが出来なければ、売ることも出来ない。

小単位で仕入れ可能なローカル系の「焼きのり」がアッチでも、コッチでも売られ、

香港の皆さんもそれを購入しているのには、

「他に選択がないから」

「他のものは売っていないから」

そうした事情があったのか。

 

 

 

大変な事かもしれないけど、

どうにかして「日本の焼きのり」を小出しできる流通と店舗の環境、できないかな。

にほんブログ村 経営ブログ 営業へ
にほんブログ村