http://www.asahi.com/national/update/0408/011.html

準強姦罪。かつてNステでコメンテーターかなんか知らんがどっかのオッサンが「準強姦は、卑怯な強姦」とかワケの分からん事を抜かした、あの事件。我が恩師、NIRVANAの故カート・コバーンはかつてストレート過ぎるほどレイプについての歌を歌った。彼は執拗に「私をレイプしろ」と歌った。当時かなりの批判をあびた。当時どころか今でもそう言う人はいるだろう。彼は輪廻を信じていて、「私をレイプしろ」と歌ったのは、「私をレイプすればいい。それだけの罪がお前には還るのだから。」という理由からだった。そこを省くから批判を掛けてしまう人が出るのだろうけど(確かにストレート過ぎるかも知れないが)。そしてこの事件、実刑が出た言うても2年ちょいで出てくるで。この手の事件の刑って軽いなあといつも思う。そして、壊された、治りはしない心。フラフラ行く方も行く方かもな。